金属資源の熔解精錬技術をベースに
レアメタルリサイクルから特殊金属加工製品の製造まで
希少資源の有効活用に貢献します

メッセージ

当社は昭和27年に創業し、特殊鋼業界の中で商社・メーカー・リサイクラーとしてお客様のご要望にお答えできるように活動して参りました。中でもレアメタルのリサイクラーとしては日本でも数少ない電気炉による熔解精錬技術を用いた金属再生塊の製造でお客様からのご支持をいただいております。

一般的にレアメタルと呼ばれるものは、約30種類の元素を指しておりますが、その含有合金、さらにはそのスクラップとなると、その種類は膨大なものとなります。レアメタルが産業に欠かせない、希少なものであることは、現在幅広く認知されておりますが、有効なリサイクルがなされていないものも少なくはありません。

現在のところ、すべての金属をリサイクルできるわけではありませんが、どのようにすれば有効に利用できるか、もっと有効な使い方がないのかを当社は絶えず考えています。
金属スクラップの可能性はまだまだ残されていると思います。

限りある金属資源の国内循環の一翼を担えるよう社員一同努力しておりますので、皆様のご支援、ご鞭撻を賜りたくお願い申し上げます。

キンキメタル産業株式会社
代表取締役社長

堀内 照弘

事業概要

レアメタル含有再生塊の製造〜有効な資源のリサイクル活用〜

多種多様な金属スクラップを配合・熔解(精錬)することによって、再利用が容易な合金再生塊を製造します。
回収金属:ニッケル・コバルト・タングステン・モリブデンなど
合金再生塊は、お客様とメリット(作業効率改善・原材料価格低減など)及びデメリット(不純物混入の懸念など)についてご確認を行った上、用途に適した合金成分規格を作成しその仕様に基づいた再生塊を受注生産しております。

特殊鋼ユーザーおよび特殊鋼商社フローから特殊鋼メーカーまでのフロー

非鉄金属マスターメタルの製造〜品質と実績を誇る〜

高周波誘導炉を用いた大気熔解によって、安価なマスターメタルを製造します。
金属スクラップの利用は制限されますが、様々な元素を合金で追加し、お客様の要求するマスターメタルを製造することが可能です。

非鉄金属地金から精密鋳造メーカーへのフロー

その他事業内容〜特殊鋼業界のネットワークを活かした提案営業〜

60年を超える特殊鋼業界での活動で築いてきたネットワークを活かし、お客様の要求に対応いたします。

特殊鋼スクラップの買取・販売 特殊鋼材料・合金鉄等の販売 特殊鋼加工品・鍛造品等の販売

会社概要

会社名 キンキメタル産業株式会社
所在地 本社・大阪工場/大阪府大阪市西淀川区佃4丁目6番22号
熊谷工場/埼玉県熊谷市三ケ尻5420番地
代表者 代表取締役社長 堀内 照弘
従業員数 20名(関連会社含む)
資本金 1000万円
年商 12億円(2017年度)
主要設備 電気孤光炉(4t)1基(熊谷工場) 高周波誘導炉(0.5t)1基(熊谷工場) 蛍光X線分析装置1台(熊谷工場) 携帯型X線分析装置4台(大阪・熊谷工場) 炭素・硫黄分析装置1台(熊谷工場)
主要取引先 日立金属株式会社 株式会社不二越 日本高周波鋼業株式会社三菱製鋼株式会社 山陽特殊製鋼株式会社 合同製鐵株式会社 コマツキャステックス株式会社 ダイキン工業株式会社 三菱重工業株式会社 伊勢化学工業株式会社 阪和興業株式会社 アルコニックス株式会社
取引銀行 りそな銀行 梅田北口支店 三井住友銀行 西野田支店 三菱UFJ銀行 梅田中央支店

沿革

昭和8年 個人経営にてホワイトメタル及び半田、錫の卸売業を開始。
昭和13年 東大阪市でアルミニウムその他ダイキャストおよび各種金型の設計、ホワイトメタル、半田、錫の製造を開始。
昭和15年 大阪市福島区に工場を移設。特殊鋼、特殊鋼原料の販売を開始。
昭和27年 法人(キンキメタル工業(株))に改組。
昭和32年 ホワイトメタルでJIS表示工場として認可。
昭和37年 東京営業所を千代田区に開設。
昭和39年 社名をキンキメタル産業(株)に改称。
大阪市福島区に本社ビルを建設、レアメタル含有再生塊の製造を開始。
昭和41年 埼玉県熊谷市に熊谷工場を建設、電気孤光炉を設置し、レアメタル含有再生塊の製造を開始。
昭和42年 大阪工場を大阪市淀川区に移設。
平成6年 熊谷工場に高周波誘導炉を設置し、非鉄金属マスターメタルの製造を開始。
平成20年 本社を大阪市西淀川区に移転。

アクセス

本社・大阪工場
〒555-0001 大阪府大阪市西淀川区佃4丁目6-22 TEL:06-6473-5031 FAX:06-6473-5033
阪神電車千船駅より徒歩約12分 国道2号線佃交差点を南西へ約1.2km
熊谷工場
〒360-0843 埼玉県熊谷市三ケ尻5420 TEL:048-532-6811 FAX:048-532-6812
国道17号 自衛隊入口交差点より南西へ2.5km